米子松蔭“逆転の夏”終わる…不戦敗からの再出場2戦目 打ち合いの末惜敗も西村主将「感謝しかない」

[ 2021年7月24日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権鳥取大会準々決勝   米子松蔭10―11八頭 ( 2021年7月23日    どらドラパーク米子 )

<米子松蔭・八頭>9回2死一塁、代打・徳永が三振に倒れ、米子松蔭の夏が終わる(撮影・中澤 智晴)
Photo By スポニチ

 1点劣勢の9回2死一塁から代打の徳永琉伽が三振に倒れ、米子松蔭の夏が終わった。学校関係者の新型コロナ感染による不戦敗の窮状をSNSで訴え、再出場の道を切り開いた西村虎之助主将の目に涙はない。改めて後押ししてくれた人々への感謝を示した。

 「多くの方々が協力、支援してくださったおかげで、僕たちはグラウンドから引退することができる。感謝しかない。力は出し切った。グラウンドで終われて良かった」

 野球ができる喜びを精いっぱい表現した。3点劣勢の3回1死満塁から中越えの適時二塁打。5回も右前適時打を放ち、逆転された直後の7回1死一塁では通算2本目、公式戦では初めての本塁打を右翼へ放ち、2度目の逆転を呼んだ。

 3安打5打点に加え、8回からはマウンドへ。泥だらけのユニホームで力投し、9回に守備の乱れや重盗などで3点を失い、力尽きた。支援者や試合を承諾してくれた境ナインに甲子園出場で報いることはできなかったが、勇気ある呼びかけがなければ、かけがえのない仲間と過ごす濃密な6日間はなかった。

 「自分自身が成長できた。大学でも野球は続けるつもり。2年生には僕らの代と、一つ上の代の思いも背負って甲子園に行ってほしい」。特別な夏を駆け抜け、後輩にバトンを託す。(中澤 智晴)

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年7月24日のニュース