×

阪神・二保 加入後初の2軍で実戦調整 初回被弾も立て直し2回3安打1失点「立ち上がりは課題」

[ 2021年7月24日 05:30 ]

ウエスタン・リーグ   阪神4-1中日 ( 2021年7月23日    鳴尾浜 )

<ウエスタン 神・中>2回1失点の投球を見せた先発・二保旭(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 阪神の二保は実戦調整として加入後初のウエスタン・リーグ登板に臨み、予定していた2回を3安打1失点で終えた。

 初回1死一、三塁からA・マルティネスに先制二塁打を浴び、2回は立て直し、3者凡退に抑えた。「後半戦が始まるまでは競争だと思って、結果を出していかないと残っていけないと思っている。1点取られたのは悔しいですし、立ち上がりは課題にしていかなければいけない」と次回を見据えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年7月24日のニュース