×

大谷翔平 日米通算50勝&自己シーズン最多タイ4勝!7回5安打2失点 打は同点二塁打など4の1

[ 2021年7月7日 13:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス5―3レッドソックス ( 2021年7月6日    アナハイム )

<エンゼルス・レッドソックス>今季10度目の投打同時出場したエンゼルス・大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は6日(日本時間7日)、本拠地アナハイムでのレッドソックス戦に「2番・投手」で投打同時出場。今季最長タイの7回、89球を投げ5安打1失点で、4勝目で渡米1年目の2018年に記録した自身最多勝利数に並び、日米通算50勝目を挙げた。防御率は3・49となった。打っては、同点二塁打を放つなど4打数1安打1打点。チームは5―3で勝利し、再び貯金1とした。

 大谷がマウンドで躍動した。今季13度目の先発登板で、投打当時出場は10度目。球宴前最後の登板で、初回は1死三塁からマルティネスに左犠飛されて先制点を許したが、自らのバットで同点に追いつき、女房役のスタッシの左越え2ランで2点を勝ち越した直後の2回と3回は3者凡退。4回は先頭のバーデューゴに左翼線二塁打されたが、後続を打ち取り無失点。5回は3者凡退で無失点で、6回は2死三塁からマルティネスに左前打されて1点差に迫られた。味方打線が2得点しリードが3点に広がった直後の7回は無死二塁のピンチを背負ったが、無失点で切り抜け、この回でマウンドを降りた。

 前回登板の6月30日(同7月1日)のヤンキース戦では「1番・投手」で投打同時出場したが、1回持たずに今季最短の2/3回で2安打5四死球7失点降板しベンチに退いた。味方打線が逆転し、黒星はつかなかったが、屈辱的なKO劇。打っても1打数無安打で全くいいところがなかった。

 この日は打っても、1点を追う初回無死二塁の第1打席で同点の右翼線適時二塁打。4日(同5日)のオリオールズ戦から続く連続試合安打を「3」に伸ばした。2回2死二塁の第2打席は見逃し三振、5回無死二塁の第3打席は三飛、6回2死満塁の第4打席は空振り三振。4打数1安打で打率は・276となった。

 この日、大谷は6月に続き今季2度目の週間MVPを受賞。週間MVPの対象成績となった6月28日~7月4日の大谷は打者として6試合に出場し、打率・286、2度の1試合2発を含む6本塁打、8打点、1盗塁を記録した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年7月7日のニュース