巨人 節目のGD2000試合目で競り負け…首位阪神に2.5差

[ 2021年7月7日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人2―3中日 ( 2021年7月6日    前橋 )

<巨・中>初回2死三塁、ビシエドの適時内野安打にリプレー検証をリクエストする原監督(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 巨人は中日との通算2000試合目を落とした。2―1の8回に先頭打者の四球から2失点した高梨が今季32試合目で初黒星。原監督は「しかし、3点目が重かった。向こうは3点目を取れた」と攻撃面に焦点を当てた。2点を奪い一時逆転した5回はなお無死一、三塁で追加点が奪えず。6回は無死満塁から梶谷の三ゴロ併殺などで無得点だった。

 試合前、原監督は中日OBで6月30日に死去した大島さんをしのんだ。現役時代の83、84年にともに球宴に出場し「兄貴分でね。“団長、団長”とみんなが言ってね」と回想。「非常にいいプレーヤーで厳しい監督さんだった。(ブログの内容に)心打たれるものがあった」と冥福を祈った。

 節目の一戦を競り負け、首位・阪神とのゲーム差は2.5に。指揮官は「明日行きますよ」と先を見据えた。(神田 佑)

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年7月7日のニュース