×

西武がスパンジェンバーグの2号3ランで逆転 試合の主導権を一気に引き寄せる

[ 2021年5月22日 16:03 ]

パ・リーグ   西武ー日本ハム ( 2021年5月22日    メットライフD )

西武スパンジェンバーグ
Photo By スポニチ

 西武は1点を追う5回、先頭の山川、呉念庭(ウーネンティン)の連続四球でチャンスを作ると、8番のスパンジェンバーグが、バーヘイゲンの152キロ直球を左中間席に運ぶ逆転の2号3ランを放った。

 「前の二人が繋いでチャンスを作ってくれたので、何とかしたいと思って打席に入ったよ。追い込まれてしまったけど、何かを起こしてやろうと必死に食らいついたんだ。最高の結果になって良かったよ!」

 なお、2死満塁から栗山が右前適時打。日本ハムの守備の乱れをつき、二走の源田も一気にホームイン。リードを4点に広げた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年5月22日のニュース