×

ソフトB柳田 “たまたま弾”静寂切り裂きガコン! 先制の9号3ラン

[ 2021年5月22日 14:06 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―オリックス ( 2021年5月22日    ペイペイD )

<ソ・オ10>初回1死一、三塁、右越えに3ランを放つ柳田。投手・田嶋(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手(32)が、先制の9号3ランを放った。22日のオリックス戦に「4番・右翼」で出場し初回1死一、三塁で1ボールから先発・田嶋の142キロ内角直球を右翼スタンド中段まで運んだ。

 「チャンスだったので犠牲フライでもいい、という気持ちで打席に入りました。ホームランになったのは、たまたまです。先制できて良かったです」

 この日から自主的な無観客開催がスタート。まずは主砲の“たまたま弾”から、攻撃は着火された。シーンとした静寂の中、ガコンという着弾音だけが、ペイペイドームに響いた。

 本塁生還後は、今季イチ推しの本塁打パフォーマンスでもある「マジシャンGO(呉)」の「これが運命です」ポーズを、さりげなく決めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年5月22日のニュース