×

楽天首位陥落 マー君 元同僚の美馬と投げ合い 7回1失点力投も実らず

[ 2021年5月22日 17:01 ]

パ・リーグ   楽天1-3ロッテ ( 2021年5月22日    ZOZOマリン )

<ロ・楽11>楽天先発・田中将(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 楽天は22日、敵地・ZOZOマリンでロッテに1-3で敗れ、首位から陥落した。

 先発した田中将大投手(32)は7回6安打1失点と力投。1-1の同点で迎えた8回から継投に入り、3勝目は次戦以降にお預けとなった。

 ロッテ先発は元楽天の美馬。13年の楽天V1に貢献した元同僚同士の先発対決となった。

 田中将は初回いきなり1死二、三塁の大ピンチで5番・レアードを迎えたがなんとか遊ゴロに抑えて無失点で立ち上がった。2回は7球で三者凡退。3回は2死からマーティン、中村に連打を許し、先制点を献上した。4、5回は無失点で切り抜けた。

 打線は5回まで無得点も、6回に無死一、三塁とチャンスを広げると浅村の右犠飛で同点に追いついた。

 田中将は6回を無失点に抑えると、7回2死一、二塁と走者を背負ったが後続を断って勝ち越しを許さなかった。

 しかし、打線が7回以降追加点を奪えず。2番手で登板した福山が8回に中村に左越えソロで勝ち越しを許し、レアードにも左越えソロを許した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年5月22日のニュース