×

中日 あと一歩も、今季最多タイの借金7 ビシエド3打点が好材料

[ 2021年5月22日 17:22 ]

セ・リーグ   中日4-5巨人 ( 2021年5月22日    バンテリンD )

<中・巨(10)>交代を告げ、ベンチに戻る与田監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 終盤の追い上げも及ばず、借金は今季最多タイの7となった。

 0―5の6回1死二、三塁、ビシエドの中前2点打で反撃開始。2―5の8回には2死一塁から、ビシエドの右翼右への二塁打、さらに2死一、二塁から代打・三ツ俣の右前打で2点を返したが、あと1点が届かなかった。ビシエドは5月4日DeNA戦(バンテリンドーム)以来、11試合ぶりの複数安打で今季最多タイの3打点。打線全体の粘りと、主砲の復調ぶりが今後に向けての好材料だった。

 先発のロドリゲスは2回無死、丸に先制ソロを許すと、3回には岡本に3ランを被弾。5回7安打4失点で降板した。東京五輪の米大陸予選に参加するため、今月24日に離日予定。離脱前最終登板で今季初勝利を挙げることはできなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年5月22日のニュース