阪神・馬場 緊急登板も3回無失点で今季1勝「相手に流れを与えない投球を心がけた」

[ 2021年5月10日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3-2DeNA ( 2021年5月9日    横浜 )

<D・神>6回のピンチを切り抜けガッツポーズを決める馬場(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 4回裏に投手交代を告げる場内アナウンスが流れた。開幕6連勝に挑んだ阪神・ガンケルは3回51球を投げただけ。しかも、まだ1失点。想定外の降板に場内が一時ざわついた。窮地を救ったのが、馬場だった。1点を追う局面で急きょバトンを受け取り、気迫の投球を演じた。

 「相手に流れを与えない投球を心がけた。ピンチの場面でも何とか粘って0点で次につなげられるように」

 1死から宮崎に中前打を許しても、嶺井を右飛。続くピープルズを空振り三振に仕留め、直後の攻撃で糸井の決勝弾が生まれた。2死無走者では3年ぶり通算3打席目に立ち、続投。局面が劣勢から優勢へ変わった5回も落ち着いて、1番から始まるDeNAの攻撃を1四球でかわした。この時点で28球。さらにもう1イニングを矢野監督から託された。

 「ガンケルがああいう形で降りたんで、どこまで行こうかなというのはね。抑え方とか内容とか球数とかいろんなことが絡んでくる。3回いけるだけの抑え方と球数と内容をしっかりしてくれた」

 昨季32試合はすべて救援でも、今春は先発挑戦を見据えて準備した背景がある。2度の回またぎに応えた。1死からソトに二塁打された6回も、宮崎を徹底した外角攻めで最後はカットボールで空振り三振、嶺井を低めのスプリットで二ゴロに退け、岩貞以降の必勝継投へつないだ。

 「一球一球、丁寧に投げることができた」

 救援では最長3回を投げ抜き、4月21日の初登板から7試合を終えて防御率0・00。昨年9月18日の中日戦以来の白星も付いた。「3イニングいってくれたのは大きい。向かっていくところは向かっていくピッチングができたと思います」。矢野監督の称賛が、誰がヒーローだったかを教えてくれた。(山本 浩之)

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月10日のニュース