日本ハム・池田4敗目 古巣相手に2度目登板も5回途中3失点

[ 2021年5月10日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム3―6楽天 ( 2021年5月9日    札幌D )

<日・楽>3回、失策絡みで先制点を許した池田(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・池田が4敗目を喫した。2月末まで所属した楽天相手に2度目の先発。4回2/3を投げて3失点(自責2)し、5回4失点(自責3)だった移籍後初登板の3月28日に続いて黒星が付いた。

 「粘れずに、すみませんでした。何とか立て直そうと思ったんですが…」。2―1と逆転した直後の5回、先頭の辰己に右中間スタンドにソロ本塁打を運ばれると、その後2死三塁となり河野にマウンドを譲った。河野が島内を打ち取った当たりが不運にも二塁手、右翼手の間に落ちる二塁打となり、池田に3点目の失点が記録された。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月10日のニュース