【ファーム情報】イースタン個人成績 西武ドラ1・渡部が2冠 巨人・横川も勝利数、奪三振でトップ

[ 2021年5月10日 16:19 ]

西武・渡部
Photo By スポニチ

 イースタン・リーグはロッテが22勝5敗2分けで貯金17。2位・日本ハムに7ゲーム差をつけて首位を独走している。個人成績は以下の通り。

 
 ◇打撃成績
 加藤(ロッテ)が打率・375で首位打者。西武のドラフト1位・渡部(桐蔭横浜大)は9本塁打、23打点の2冠で、打率も5位(・299)につけるなど3部門で高い数字を残している。万波(日本ハム)の5本塁打、19打点はいずれもリーグ2位。盗塁は森(DeNA)が11個でトップ。

 ◇投手成績
 釜田(楽天)が防御率1・54でトップ。与座(西武)が同1・55で2位に続き、1点台はこの2人だけ。横川(巨人)は4勝、35奪三振と2部門でトップ。楽天のドラフト2位・高田孝(法大)が33奪三振で2位につけている。セーブはロッテの育成選手・小沼と楽天のドラフト4位・内間(亜大)が4セーブで1位。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月10日のニュース