土肥義弘氏 春日部との縁再び 西武と市の連携協定締結で「子どもたちに経験還元を」

[ 2021年5月10日 18:35 ]

春日部市役所での締結式(左から居郷肇球団社長、石川良三春日部市長、土肥義弘氏)
Photo By スポニチ

 西武は18年3月から地域コミュニティ活動「L―FRIENDS」を立ち上げ、地域、ファン、選手、スタッフがひとつの仲間としてつながり、未来に夢をつないでいくということを目的に「野球振興」「こども支援」「地域活性」「環境支援」の4つの柱を中心に取り組んでいる。

 土肥義弘。その名に聞き覚えのあるファンも多いだろう。現在は「球団本部チーム統括部 編成グループ 国際業務チーフ兼企画室」として主に外国人選手のスカウト業務を担っているが、今月1日には人生のターニングポイントになったと語る思い出の地を訪れた。場所は埼玉県の春日部市役所。土肥が高校時代の3年間を過ごした土地だ。今から29年前、野球に没頭していた土肥は甲子園を目指し、春日部共栄高校の門を叩いた。「この場所で野球をやっていくんだ!」と強い意志を持っていたという。

 土肥が再びこの地を訪れたのには理由がある。西武ライオンズは地域コミュニティ活動「L―FRIENDS」の一環で、埼玉県内の各自治体と連携協力に関する基本協定を結んできた。ここまでその数54市町村。そのたびに各役所で、フレンドリーシティになるための締結式を行ってきた。そして栄えある55市町村目となるフレンドリーシティが春日部市だったというわけだ。通常は居郷肇社長と球団マスコットらが、この締結式に出席するが「春日部市と言えば土肥だろ」という居郷社長の鶴の一声?で急遽、土肥の出席が決まったのだった。

 一方で、スーツに身を包んだ土肥は、感慨深げな表情で、春日部市役所入り。締結式の中では春日部市への感謝の思いを口にした。「甲子園で準優勝した時にはパレードもしていただきました。でも一番印象に残っているのは母と(中学校の)野球部顧問と春日部共栄の練習に参加したとき。緊張したけれど『俺はここで野球をやる』と決めた日でした。それは私の人生のターニングポイントでした」。そんな土肥にとっての思い出深い大切な場所もこの日を境にライオンズのフレンドリーシティになった。

 「これを機に、ライオンズのアカデミーコーチが春日部市の小学校に訪問することもできます。小学生が野球を学ぶ、何か子どもたちにとってインスピレーションを感じる、人生のターニングポイントになるきっかけになれば素晴らしいものだと思います」と今後の展望を語った土肥は、「春日部の子どもたちに自分の経験を還元したい」と続けた。

 西武は今年、東秩父村、長瀞町、幸手市、上里町、そしてこの春日部市と連携協定を締結してきた。フレンドリーシティとなった各自治体には、レオとライナや公式パフォーマー・ブルーレジェンズが幼稚園・保育園などを訪問したり、小学生、園児をライオンズ主催の公式戦に抽選で招待するなど、一段とライオンズとの接点が増えていくのだ。

 加えて、町の施策や広報などにライオンズの商標・肖像の活用が容易にもなる。一方で、埼玉県内にフレンドリーシティが増えていくことはライオンズにとっても心強いこと。これを機にまたひとり「L」のキャップを被る子どもが増えれば、これほどうれしいことはない。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月10日のニュース