鈴木啓示氏 阪神2番手・馬場は「決め球」の素晴らしさが勝利に直結

[ 2021年5月10日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3-2DeNA ( 2021年5月9日    横浜 )

<D・神>2番手で登板した馬場(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 【鈴木啓示 視点】阪神・ガンケルの緊急降板で余儀なくされた継投だったが、見事だった。2番手の馬場が4回を1安打を許したものの無失点に抑えると、5回の攻撃でチームは逆転。そのまま馬場を打席に立たせて2イニング目も任せ、結局6回までの3イニングを無失点に抑えたのが、勝因の一つだろう。

 7回から岩貞、岩崎、スアレスの必勝パターンが決まっているため、そこまでをどうつなぐかがポイント。12失点して逆転負けした日の初戦に桑原、小林、小野、守屋がそろって失点を重ねており、同戦でも打者5人を抑えていた馬場を可能な限り引っ張った決断がハマった。

 馬場は3イニングとも走者を許し、変化球が明らかなワンバウンドになるなど完璧といえる内容ではなかったが、勝負を決する「この1球」は素晴らしかった。6回1死二塁で宮崎を空振り三振に仕留めたカウント2―2からの6球目、外角低めカットボールがそれだ。4回の前打席で中前打された打者を抑え、勝負強さを感じた。

 野手でも途中から出ていく代打、代走、守備固め…など全員で戦い、全員が集中力を高めていい仕事ができている。チーム一丸の雰囲気が、勢いを加速させている。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年5月10日のニュース