大谷翔平 4試合連続安打!止めたバットに…快足飛ばし内野安打 3の1で打率・276 チームは勝利

[ 2021年5月10日 08:35 ]

インターリーグ   エンゼルス2―1ドジャース ( 2021年5月9日    アナハイム )

<エンゼルス・ドジャース>初回1死から遊撃内野安打し一塁を駆け抜けるエンゼルス・大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は9日(日本時間10日)、本拠地アナハイムでのドジャース戦に「2番・DH」で先発出場。初回に快足を飛ばして内野安打するなど3打数1安打1四球で、打率は・276となった。チームは2―1で競り勝った。

 初回1死の第1打席で、ド軍先発の右腕バウアーの低めの変化球に、止めたバットにボールが当たって打球は遊撃前へ転がったが、生かして内野安打。6日(同7日)のレイズ戦から続く連続試合安打を「4」とした。中継局によれば、本塁から一塁へのスピードが秒速30・3フィート(約9・2メートル)を記録。エリート(メジャートップ)レベルの秒速30フィート(約9・1メートル)を超え、今季MLB全体でも5位に入る速さだった。

3回2死一塁からの第2打席は四球、5回2死からの第3打席は空振り三振で、右腕ジャンセンと対戦した8回無死一塁の第4打席は中飛だった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月10日のニュース