法大・山下輝151キロ!!8安打2失点でリーグ戦初完投勝利

[ 2021年5月10日 05:30 ]

東京六大学野球第5週第2日   法大6―2明大 ( 2021年5月9日    神宮 )

<明大・法大>力投する法大先発の山下輝(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 2回戦2試合が行われ、法大は明大に6―2で快勝。山下輝投手(4年)がリーグ戦初完投勝利を挙げた。

 法大の身長1メートル88で今秋ドラフト候補の左腕・山下輝は8安打2失点でリーグ戦初の完投勝利。自己最速タイの151キロを計測するなど明大打線を圧倒し「凄くうれしい。真っすぐも変化球も切れがあった」と胸を張った。8回終了時で球数が100球を超えていた中で続投させた加藤重雄監督は「完投させたかった。自信をさらに伸ばせる」と狙いを語った。

 ▼明大・田中武宏監督(先発の高橋は)ボールの力はあるが練習の力を神宮で発揮できていない。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月10日のニュース