6人のレジェンド侍が始球式!中畑氏 復活ノーバン!G・G・佐藤氏は落球パフォ

[ 2021年4月15日 05:30 ]

<楽・ロ>始球式に登場した中畑清氏(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 東京五輪開幕から100日前となる14日、セ・パ6球場の公式戦が「結束!侍ジャパンナイター」として開催された。04年アテネで監督代行を務めた中畑清氏(67=スポニチ本紙評論家)ら五輪経験のあるレジェンドたちが始球式を行った。

 新型コロナウイルス感染から回復後、初の公の場となった中畑氏は元気にノーバウンド投球。松中氏はジュニアチームの投手相手に打席に立った。08年北京五輪で2度の落球を犯したG・G・佐藤氏は投球前にわざと落球するパフォーマンスも。「爪痕残そうと思って頑張っちゃいました」と頭をかいた。

 始球式後は「世界を知るレジェンド会談」として6人がオンラインで世界大会の思い出や助言、東京五輪のキーマンなどについて語り合った。その模様は侍ジャパン公式YouTubeチャンネルで19日から、複数回に分けて配信されていく。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月15日のニュース