巨人 今季初づくし…4連勝、中日を3連破で貯金3 高橋8回1失点で自身初開幕3連勝 松原3打点

[ 2021年4月15日 20:34 ]

セ・リーグ   巨人5―1中日 ( 2021年4月15日    東京D )

<巨・中>6回無死一塁、A・マルティネスの打球を好捕した亀井に帽子をとって感謝する高橋(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人は5―1で中日を下して今季初の4連勝を飾り、今季初の貯金3とした。巨人の同一カード3連勝は今季初。中日は10試合連続3得点以下で3連敗を喫し、借金4となった。

 巨人は松原の自身初となる初回先頭打者アーチで先制すると、さらに梶谷の右前適時打でこの回2点目。2―1となって迎えた2回には大城、香月の連続長短打などで築いた2死二、三塁で松原が中前に2点適時打を放って4―1と突き放した。3回には一走・亀井、三走・梶谷の重盗成功で5点目。投げては先発左腕・高橋が2回に開幕16イニング目で今季初の自責点となる1点を失ったものの失点はそれだけで8回を6安打1失点に抑えて自身初の開幕3連勝を飾った。

 中日は今季開幕投手を務め、初勝利を懸けて登板した先発右腕・福谷が4回7安打5失点で降板。打線も0―2で迎えた2回に東京ドーム初打席となった根尾の左犠飛で1点返したものの、得点はそれだけ。10試合連続3得点以下と打線が奮わず、3連敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月15日のニュース