【ファーム情報】ロッテ止まらん13連勝 新助っ人エチェバリア2安打 中日は18安打で大勝

[ 2021年4月15日 17:53 ]

 プロ野球のファームは15日、イースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

 ロッテはDeNA戦(ロッテ浦和)に6―1。今季はまだ1敗しかしておらず、連勝を「13」に伸ばした。高部が3安打1打点。新助っ人のエチェバリアが2安打2打点だった。先発・中村稔は4回1安打1失点。DeNA先発・京山は4回5安打3失点(自責0)で1敗目。打線は2安打に終わり、蝦名が4回に2号ソロ。

 ヤクルトは巨人戦(戸田)に3―1。5回に育成選手の赤羽が1号ソロ、6回に松本友が1号ソロ。青木、川端が1安打だった。先発・高橋は8回10安打1失点で1勝目。巨人先発・野上は7回5安打3失点で2敗目を喫した。育成選手の加藤廉が3安打。

 楽天は日本ハム戦(鎌ケ谷)で17安打を放って11―5。内田が3安打3打点、黒川と途中出場の育成選手・山崎真が3安打2打点。先発のドラフト3位・藤井(ENEOS)は6回4安打7奪三振1失点で公式戦初勝利となる1勝目を挙げた。日本ハムは平沼が3安打2打点。先発・立野は5回2/3を10安打7失点(自責6)で1敗目(1勝)。

 中日は広島戦(由宇)で18安打を放って10―3で大勝。加藤匠が4安打、堂上が3安打2打点だった。先発・山井は5回6安打3失点で2勝目。広島先発・玉村は5回8安打3失点。正随が4回の3号ソロなど2安打、育成選手の木下が4回に1号ソロを放った。

 阪神はオリックス戦(京セラD)に3―0で完封勝ち。先発・斎藤が5回2安打無失点で1勝目(2敗)。島田が9回の1号ソロなど2安打2打点。オリックス先発のドラフト1位・山下(福岡大大濠)は2回1安打1失点でプロ初黒星となる1敗目を喫した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月15日のニュース