西武・森 マルチ安打で五輪代表入り猛アピール 先制打に初盗塁!走攻守で存在感

[ 2021年4月15日 05:30 ]

パ・リーグ   西武2―1日本ハム ( 2021年4月14日    メットライフD )

<西・日>初回、先制の右前適時打を放つ森(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 西武・森の勝負強さは、「打てる捕手」として侍ジャパンでも絶対に武器になる。決勝打を含むマルチ安打で五輪代表入りを猛然とアピールした。

 初回1死三塁で「しっかり走者を還そうと。いいところに落ちてくれた」と先制の右前打。3回には右前打で出塁すると今季初盗塁を決め、呉念庭(ウー・ネンティン)の中前打で2点目のホームを踏んだ。捕手としても先発・今井を好リード。走攻守で存在感を発揮し、辻監督も「勝負強いし、打線では欠かせない。リードも成長している。頼もしい」と賛辞を惜しまない。

 侍ジャパンの捕手はソフトバンク・甲斐が最有力で、残りの枠を阪神・梅野、広島・会沢らと争う。「チームのことを第一に、個人としても活躍して選ばれれば」。チームを勝利に導く活躍を続ければ、日の丸も近づく。(鈴木 勝巳)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月15日のニュース