可能性は無限大!阪神・佐藤輝 あるかも東京五輪「しっかりテレビで見たいと思います(笑)」

[ 2021年4月15日 05:37 ]

セ・リーグ   阪神6-0広島 ( 2021年4月14日    甲子園 )

<神・広(4)> 侍ジャパンナイターでヒーローインタビューを受ける佐藤輝と中野(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(22)が14日の広島戦で甲子園初アーチを放った。1点リードの4回に前回対戦で2三振を喫した広島・森下から右中間席に4号2ラン。リベンジに成功し、チームが過去4勝を献上していた天敵に初めて黒星を付けた。7回には適時打も放ち自身最多3打点。4連勝で矢野監督就任後、最多となる貯金8とした。

 以下、佐藤輝の一問一答。

 【ヒーローインタビュー】
 ―初のお立ち台。まずは自己紹介を。
 中野 新人の中野です。これからしっかり顔と名前覚えてもらえるようにもっと頑張りたいと思います。
 佐藤輝 新人の佐藤輝明です。みなさんの前でもっとホームラン打てるように頑張ります。よろしくお願いします。

 ―2回のタイムリーを振り返って。
 中野 素直に嬉しい気持ちです。先に先取点が欲しい中で何としても自分が決めてやろうという気持ちで打席に入ったのがいい結果になったと思います。

 ―森下から打った。
 中野 いい投手と聞いていたので自分の持てるものを出し切って、やりきろうと思っていた。その結果タイムリーでよかった。まだまだアピールが足りないと思うので、これからもしっかりアピールしていきたい。

 ―佐藤輝もホームランを打った。
 中野 外人みたいなホームランでうらやましいと思ってみていた。4連勝、明日からも続けられるように頑張りたい。

 ―甲子園で初ホームラン。
 佐藤輝 甲子園で一番良かった。うれしかった。打った瞬間いくかなと思った。

 ―森下から打った。
 佐藤輝 前はやられてたので、きょうは何とか打とうと強い気持ちで打席に入りました。

 ―新人でお立ち台。
 佐藤輝 若い選手が頑張って、チームを盛り上げていきたい。

 ―応援してくれる子供たちにもメッセージを。
 佐藤輝 もっと打って目標にしてもらえる選手になるよう頑張りたい。

 ―どんな選手にこれからなりたい。
 佐藤輝 チームを勝利に導けるような、いい場面で打てるバッターになりたい。明日からもしっかり勝てるように頑張ります。応援よろしくお願いします。

 【記者の囲み取材】
 ―甲子園でのダイヤモンド一周は違った気持ちが。
 「たくさんのファンのみなさんの前で打てたのでよかったです」

 ―森下の得意とするカーブを打てた。
 「狙ってなかったんですけど、しっかり甘いところにきたので。いい反応ができました」

 ―前回はカーブで三振。イメージは頭にありつつ打席に入れた。
 「もう、前のは消して。新しい感じで行きました」

 ―フリー打撃前にはサンズと打撃の話をしていた。
 「手の使い方。どういう感覚で打っているのかというのを聞いて。そういう話です」

 ―サンズも知識をシェアしたいと。どういう存在になっている。
 「これからもどんどん聞いていきたいと思います」

 ―フリー打撃が調子がいいように見えたが、言われたことをやっていったらいい感覚があった。
 「サンズだけじゃなくて、監督だったり、コーチだったりという、いろんな方からアドバイスをもらって。よくなってきたかなと思います」

 ―チームとしても昨年、一度も勝てなかった森下投手に勝てたのは大きい。
 「森下さんから勝てたというのは大きいと思いますし、いい流れでチームは来ているので、もっと勝っていきたいです」

 ―きょうはルーキーが引っ張る形で勝てたのも大きなこと。
 「ルーキーがしっかり頑張って引っ張っていけるように頑張っていきたいと思います」

 ―7回の適時打は真っすぐを捉えられたことが大きい。
 「ギリギリ捉えかけたんですけど、抜けてくれてよかったです」

 ―五輪まで100日、楽しみにしている競技は。
 「もちろん野球が楽しみです。すごく楽しみです。(選ばれる)可能性はゼロではないので、それに向けても頑張っていきたいし、日本で行われる特別な大会なので、しっかりテレビで見たいと思います(笑)」

 ―グラウンドに立てたら一番いい?
 「そうですね、はい」

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月15日のニュース