楽天が執念ドローで単独首位キープ 侍候補・浅村の二塁打から同点犠飛生まれる

[ 2021年4月15日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天2-2ロッテ ( 2021年4月14日    楽天生命 )

<楽・ロ>9回、先頭の浅村が右中間二塁打(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 楽天が土壇場で引き分けに持ち込んだ。1点を追う9回。4番・浅村の右中間二塁打を足がかりに1死一、三塁とし、鈴木大が同点の右犠飛。東京五輪で金メダル獲得を目標に掲げる浅村は「(9回は)塁に出ることしか考えていなかった。納得はしていないけど、今できる最低限のことはできている」。

 直近5試合で白星こそないものの、3試合で引き分け。粘りを発揮して単独首位をキープしており、石井監督は「最終回は良い攻撃をしてくれた」とねぎらった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月15日のニュース