オリックス・由伸 不運にも言い訳せず「点を取られたらダメ」 日替わり打線も和田攻略できず

[ 2021年4月15日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス1-4ソフトバンク ( 2021年4月14日    ペイペイD )

<ソ・オ5>6回途中降板する山本(左から3人目)(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 オリックスの山本が自身今季最短となる5回1/3を3失点で2敗目。2回の松田の中前への先制打など不運な当たりが重なったが「和田さんも安定して試合をつくる。粘り負けしないようにと思っていたが、点を取られてしまったのでダメ」と責任を背負い込んだ。

 開幕から日替わりを続ける打線も和田を攻略できず16年9月から5連勝を許し球団別最多29勝目を献上。中嶋監督は「向こうの守備が良く、捉えても安打にならなかった。その差かな」と唇をかんだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月15日のニュース