ヤクルト・山田が2打席連発 侍・稲葉監督の前で猛アピール成功

[ 2021年4月15日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト7―3DeNA ( 2021年4月14日    神宮 )

<ヤ・D>7回無死、左越えソロを放つ山田(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 侍ジャパン・稲葉監督が視察する中、ヤクルト・山田が2年ぶりの2打席連発で猛アピールした。前日の3安打猛打賞に続き復調気配で「(五輪に)選ばれたい気持ちはある。単純に結果が出て良かった」。

 稲葉監督は「正直、非常に心配している選手の一人ではあった」と打ち明けた上で「プレミアの本塁打を思い返すような彼らしい打撃を見られた。視察に来たタイミングで2本、何かの縁かな」と19年プレミア12決勝・韓国戦での逆転決勝3ランを挙げて復調を喜んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月15日のニュース