大谷 キャッチボールなどで調整、屋内では打撃練習

[ 2020年7月11日 13:08 ]

グラウンドで軽めの調整を行った大谷(撮影・奥田秀樹通信員)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は10日(日本時間11日)、本拠地でキャッチボールなどで調整した。

 7日の紅白戦登板後、2日連続でグラウンドに出ていなかったが、この日は外野の芝生で、始動からリリースまでの動きをチェック。長い距離は投げず、下半身のバランスなど、フォームだけに集中していた。

 それ以外は屋内にとどまり、室内ケージでの打撃練習、ウェイトトレーニング、トレーナーの治療を受けた。この日も紅白戦が行われたが出場はせず、ダグアウトにも出てこなかった。(アナハイム・奥田秀樹通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月11日のニュース