広島・フランスア 2年連続の屈辱 5位転落 

[ 2020年7月11日 05:30 ]

セ・リーグ   広島2-3中日 ( 2020年7月10日    ナゴヤドーム )

<中・広(4)>10回裏1死、ビシエドにサヨナラホームランを打たれ、ガックリと引き揚げるフランスア(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 広島は痛恨の大逆転負けで5位に転落した。

 先発の大瀬良が7回1失点の好投で救援陣にバトンを渡したが、新守護神の菊池保が1点リードの9回に大島に同点犠飛を許し、延長10回にはフランスアがビシエドにサヨナラ本塁打を浴びて万事休す。「こういう試合を取らないといけない」と苦々しく振り返った佐々岡監督だが、救援陣には「(後ろの)形をつくっているところ。(これが)今の形なので」と責めず、菊池保の配置転換も否定し、名誉挽回の機会を約束した。

 10日は中日・ビシエド、オリックス・ロドリゲス、ソフトバンク・柳田がサヨナラ弾。1日3本のサヨナラ本塁打は史上3度目のレアケースながら、昨年9月4日(ロッテ・田村、ヤクルト・山田哲、DeNA・筒香)から2年連続。フランスアは、この時は山田哲に被弾していて、2年続けて悔しい形で球史に名を残した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月11日のニュース