阪神・ボーア先制の4号2ラン 虎党は異例のスタンディングオベーション

[ 2020年7月11日 19:29 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2020年7月11日    甲子園 )

<神・D>2回無死二塁、左越えに2ランを放ったボーア(41番)を迎えて盛り上がるナイン(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神のジャスティン・ボーア内野手(32)が0―0の2回無死二塁から先制の2ランを放った。

 カウント2―1から今永の138キロカットボールをバックスクリーン左に運んだ。9日の巨人戦以来、2試合ぶりの甲子園での一撃となったが、有観客では初めて。虎党からは異例のスタンディングオベーションで歓声が球場に響いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月11日のニュース