阪神・糸原 復調の今季初長打! 初回三塁打で決勝生還

[ 2020年7月11日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3-2DeNA ( 2020年7月10日    甲子園球場 )

<神・D(4)> 1回無死、糸原は右越え三塁打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の勝利の立役者は、近本だけじゃない。試合の流れをたぐり寄せたのは「2番」糸原の力強い一撃だった。

 近本の先頭打者本塁打の直後。主将のバットが追い打ちをかけ、昨季9打数4安打と相性の良かった大貫に冷静さを取り戻す暇を与えなかった。あと少しで本塁打となる右翼フェンス直撃の三塁打。続く糸井の遊ゴロの間に勝ち越しの生還を果たした。

 今季は開幕スタメンを勝ち取ったが、状態が上がらず。2日の中日戦から3試合連続で先発を外された。それでも開幕戦の出陣式で「どんなに苦しい時が来ても、前を向いて同じ方向を向いて、戦っていきましょう」と意気込んだ通り、前を向き続けた。途中出場で8打席ぶり安打を放った5日の広島戦から3試合連続安打へ伸ばし、マルチ安打は2試合連続。今季初長打のおまけ付きで、復調気配を漂わせた。

 指揮官も「チカ(近本)の本塁打も出たし、ケント(糸原)も当たり出しているし、悠輔(大山)もいい感じ。全員が上がってきているんで楽しみ」と、今後も初回からの打棒爆発に期待を寄せた。 (惟任 貴信)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月11日のニュース