広島ドラ1・森下 コンディション不良で抹消 次回登板は未定、1軍帯同で再調整へ

[ 2020年7月11日 05:30 ]

9日のDeNA戦で、雨の中、力投した森下
Photo By スポニチ

 広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)が10日、出場選手登録を抹消された。佐々岡監督は「コンディション不良ということでしょう」と説明。新人ながらも開幕ローテーション入りした即戦力だけに、抹消は痛いが、同監督は「痛いけど、先を考えればね」と、無理をさせない方針を明かした。

 森下は9日のDeNA戦で雨脚が強まる中でも5回を投げきり2失点にまとめた。ただ、122球を投じた疲労も大きかったようで、松原チーフトレーナーは「昨日の試合でコンディション不良が出た。調整期間を設ける」と話した。次回登板は未定だが、今後は1軍に帯同させ再調整させる方針で、病院に行く予定などもなし。負傷などによる長期離脱ではなさそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月11日のニュース