ジャクソン容疑者、大麻逮捕 ロッテを9日退団…再発防止へ選手&スタッフ尿検査実施

[ 2020年7月11日 05:30 ]

7月7日の西武戦に登板した元ロッテのジャクソン容疑者(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 広島県警は10日、ロッテ元投手のジャクソン・ジュニア・ランディー(登録名ジェイ・ジャクソン)容疑者(32)を大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕した。球団は本人の申し出を受け、9日に契約を解除していた。

 松本尚樹球団本部長は「今日から観客が入るという中で、特にファンの皆さんには多大な迷惑を掛けた。責任を感じている」と謝罪。再発防止へ全選手、スタッフが薬物使用の有無を調べる尿検査を受ける予定であることを明かし、春季キャンプなどで行う薬物乱用防止の講習について、外国人選手は別に行う考えも示した。

 ジャクソン容疑者はこの日未明、JR広島駅近くで逮捕された。大麻を液体状に加工した「大麻リキッド」を千葉市内の自宅で所持していた疑い。7日の西武戦後に、松本本部長、通訳の立ち会いの下で家宅捜索を受けていた。翌8日、本人が契約解除を申し出た。

 日本野球機構は法律順守のための研修会実施を検討していく方針。ロッテ球団への管理責任を問う処分も今後検討される。

 《欧米の合法化地域では市販》大麻リキッドは、大麻の成分を液体やオイル状にしたもので、電子タバコなどの器具に入れて使用する。欧米で大麻が合法化された場所では、一般にも市販されている。薬物問題に詳しい十枝晃太郎氏(館山ダルク代表)によると、日本でも「大麻リキッド」の名称で通販などで売られているものがあるが「違法な成分を抜いて売られている」という。今回、ジャクソン容疑者は逮捕されていることから「海外で入手できるような、違法な成分が入っていたものだったのでは」(十枝氏)という。効き方は入っている成分量により大きく違うが、通常の大麻の葉よりも高濃度なものもあるという。

 ▼プロ野球斉藤惇コミッショナー プロ野球選手が逮捕された事実を重く受け止めます。非常に残念で、ファンの皆さまにはおわび申し上げます。

 ◆ジェイ・ジャクソン 1987年10月27日生まれ、米サウスカロライナ州出身の32歳。ファーマン大から08年ドラフト9巡目でカブスに入団。マーリンズ、パイレーツ、ブルワーズ、パドレスでプレーし、16~18年は広島に所属。リーグ3連覇に貢献した。今年ロッテに入団し2年ぶりに日本球界復帰。日本での通算成績は182試合で10勝8敗3セーブ、防御率2.16。1メートル85、88キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月11日のニュース