巨人・吉川尚 開幕戦以来の2号2ラン「明日につながる打席になった」

[ 2020年7月11日 22:54 ]

セ・リーグ   巨人4―9ヤクルト ( 2020年7月11日    ほっと神戸 )

<巨・ヤ>9回1死一塁、吉川尚は2ランを放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・吉川尚輝内野手(25)が、11日のヤクルト戦(ほっと神戸)で2号2ランを放った。

 2―9の9回1死一塁。直前の守備から途中出場した25歳は、近藤の直球を一閃。有観客初戦で右中間席に運び、神戸のG党を喜ばせた。「ファンの皆さんの前でいいバッティングが出来てよかった。明日につながる打席になったと思います」。開幕戦の逆転決勝2ラン以来の一発に原監督も「久しぶりにね。何かきっかけになってくれればいいなと思います」と期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月11日のニュース