オリックス・T―岡田 意地の一発!自打球当てもん絶も「痛いと言っていられる立場ではない」

[ 2020年2月25日 05:30 ]

練習試合   オリックス7―1韓国・斗山 ( 2020年2月24日    SOKKEN )

<オリックス・斗山>6回1死一、二塁、T-岡田は右越え3ランを放ち、後藤駿太に迎えられる(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックスのT―岡田が24日、韓国・斗山との練習試合に「4番一塁」で先発し、豪快な一発を放って存在感を示した。6回1死一、二塁、3ボールからストライクを取りに来た右上手の朴新知パクシンジの141キロを見逃さすことなく右翼席へ運んだ。

 「求めているスイングではなかったが、結果が出たことはプラスにとらえたい」

 内容にこだわるからこそ、満面の笑みとはいかなかった。「右腰がめくれる」「左肘が下がる」という修正点に課題を残したことが要因。ただ、吉田正やジョーンズら主力が欠場する一戦に出た意味は理解しており「一本出たのは良かった」と胸をなで下ろした。

 初回の打席では自打球が右膝付近を直撃しもん絶する場面も。「痛いと言っていられる立場ではない」と応急処置で済ませて出場を続け本塁打につなげた。「一塁」「DH」の定位置をモヤやロドリゲスらと争う。「試合に出て結果を残したいと思っていた」と「痛い」という言葉を飲み込み発奮した。

 西村監督は「今日みたいなものを見せてくれると打線の中では必要な選手」と評価する一方で、定位置は約束しない。それでも、オフにプエルトリコで武者修行した32歳は「とにかく143試合、全部出る。最低限の目標」と鼻息が荒い。1本塁打に終わった昨季の借りを返すため、はい上がる決意だ。(鶴崎 唯史)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月25日のニュース