DeNAドラ5田部、ラミレス監督の前で豪快プロ1号!「今まで木製バットで打ったことないような…」

[ 2020年2月25日 17:57 ]

2軍練習試合   DeNA5―2中日 ( 2020年2月25日    読谷 )

<2軍練習試合 中・D>7回無死一、二塁 3ランを放ち笑顔でハイタッチするDeNA・田部 (撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 ドラフト5位・田部隼人内野手(開星)がプロ1号アーチを放った。

 試合途中で遊撃の守備に入り、迎えた7回無死一、二塁。中日・松葉の初球の直球を思い切り引っ張ると、打球は左翼スタンドに飛び込んだ。

 高校通算20本塁打の大砲は「バントのサインが出るかと思ったけど、なかったので思い切り振っていった。今まで木製のバットで打ったことがないような、いい感触だった」と笑顔を見せた。

 大物ルーキーのドラフト1位・森とは同じ内野手。「同じ高卒。ライバル意識はなくはないです」。プロの世界での出世レース。ラミレス監督の見守る前で、豪快な一発でアピールに成功した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月25日のニュース