DeNAの筒香後継4番・佐野、V打にホッ 11打席目で初安打

[ 2020年2月25日 05:30 ]

オープン戦   DeNA5―2日本ハム ( 2020年2月24日    タピックスタジアム名護 )

3回2死満塁、佐野が先制の右2点適時二塁打を放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 レ軍に移籍した筒香の「後継4番」として期待されるDeNA・佐野が決勝打を放った。3回2死満塁で右翼に2点二塁打。オープン戦4試合、11打席目での初安打に「やっと1本出て良かった」と安どした。

 適時打はバットを短めに持ち「長打よりヒットを打ちたかった。4番は毎打席チャンスで回ってくる。打点を稼ぎたい」。海の向こうでは筒香もオープン戦初打席初安打。佐野は「(テレビで)見ました。やっぱり凄いな、と思った」と笑顔で話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月25日のニュース