阪神・青柳 新球交じえ3回1失点 苦手左打者も無安打に抑える

[ 2020年2月25日 05:30 ]

オープン戦   阪神2―2ヤクルト ( 2020年2月24日    ANA BALLPARK浦添 )

<ヤ・神>ヤクルト打線相手に3回1失点の投球を見せた青柳(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 3回2安打1失点の結果には表れない収穫があった。今季も何度も対戦するであろうヤクルト打線相手に先発した阪神・青柳は新たなスタイルを印象付けた。カーブ、シンカーという新球を織り交ぜ配球面も工夫。昨季は苦手とした左打者にも計5打数無安打。2四球と課題も出たが、つかんだ手応えの方が上回った。

 「悪いカウントでカットボールを投げたり、山田さんの時にカーブから入ったり。雄平さんの時にはシンカーから入るとか、新しいボールを試合で試せたのは、このオープン戦では大きかった」

 昨季は西勇に次ぐ9勝。先発ローテーションの軸の一人として期待される今季は、さらなる飛躍へ新球、新配球に挑戦中だ。3回1死の山田哲には107キロカーブから入り、最後は140キロ直球で空振り三振。敵将・高津監督の決め球だったシンカーとともに、投球の幅を広げる球種を実戦で使えるメドが立った。

 矢野監督は「去年できた自信と、もっと上を目指したいっていうようなものをしっかり持ててるんでね」と高評価し「ああいうタイプはウチには青柳しかいない。しっかりローテに入って、引っ張っていってもらいたい」と期待の高さを口にした。26歳の変則右腕にはまだまだ、たっぷりと伸びしろがある。(山添 晴治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月25日のニュース