平松政次氏 ヤクルト・ドラ1奥川絶賛「マー君よりフォーム良いかも」

[ 2020年2月25日 05:55 ]

JX―ENEOS臨時コーチの平松政次氏に激励されるヤクルトの奥川
Photo By スポニチ

 ヤクルトのドラフト1位右腕・奥川(星稜)が宮崎・西都での2軍キャンプ最終クール4日目に2度目のブルペン入り。22日の初ブルペン時と同様に中腰の捕手に直球のみ30球を投げ込み「前回は力んでいたが、脱力して伸びのある球が投げられた」と振り返った。

 この日の2軍の練習試合の相手だったJX―ENEOSで臨時コーチを務める元大洋の平松政次氏も黄金新人の投球練習を視察。通算201勝を挙げた名投手は「素晴らしいフォーム」と感嘆の声を上げ「(分業制がある)今の時代じゃ難しいかもしれないけれど、200勝できるくらいの力を持っている。マー君よりもフォームは良いかも」と絶賛した。

 奥川は「(平松氏から)フォームが良いと言われてうれしかった」と笑顔。痛めていた右肘の状態を慎重に見極め、次回は29日のブルペン入りを目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月25日のニュース