DeNAドラ3伊勢 実戦デビューいきなり150キロ!根尾斬り1回零封

[ 2020年2月25日 17:53 ]

2軍練習試合   DeNA5―2中日 ( 2020年2月25日    読谷 )

<2軍練習試合 中・D>7回2死 根尾を打ちとるDeNA・伊勢 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ドラフト3位・伊勢大夢投手(明大)が実戦デビューを果たし、1回を1安打無失点。最速150キロをマークした。

 7回に3番手で登板。先頭打者に中前打を許すも盗塁死でアウトに。2死後には根尾をスライダーで二ゴロに仕留めた。

 視察したラミレス監督の前でスリークオーターのフォームから力強い直球を投げ込み「結果より、対バッターに投げられたのが一番の収穫」と振り返った。

 新人合同自主トレ前の1月4日に、熊本県内で交通事故を起こし、むちうちなどの症状が出て出遅れた。2軍キャンプは26日に打ち上げとなるが、ギリギリ最後に実戦デビュー。逆転での開幕1軍入りへ、伊勢は「大卒で入った以上、1軍でチームの力になるのは義務」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月25日のニュース