ロッテ・藤原 実戦9試合全て1番で打率3割「塁に出て勢いつける」

[ 2020年2月25日 05:30 ]

宮崎へ移動する藤原(左)と佐々木朗 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ロッテ高卒2年目で外野の一角を狙う藤原は今季の実戦9試合全て1番で先発出場。「先頭打者なので塁に出て勢いをつけるという意識でやっている」と話し、40打数12安打で打率・300を記録している。

 15日には中日との練習試合(北谷)で大阪桐蔭で同僚だった根尾と昨年のフレッシュ球宴以来の再会を果たし「やっぱり元気をもらえる。(互いに)活躍できるようにやっていきたい」と語っていた。この日はチームとともに高知から宮崎に移動。今後もアピールを続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月25日のニュース