ヤクルト村上、状態上げてきた!キャンプ最終日に柵越え5本「早く合流を」

[ 2020年2月25日 16:41 ]

フリー打撃を行うヤクルト・村上
Photo By スポニチ

 下半身のコンディション不良で2軍調整中のヤクルト・村上宗隆内野手(20)が25日、宮崎・西都でのキャンプ最終日に快音を連発した。最終クールからフリー打撃を再開。この日は37スイングで5本の柵越えを放ち、力強い打撃を披露した。「もっともっと(状態が)上がると思う。まだ万全の体の状態じゃないので、しっかり体をつくっていきたい」と話した。

 村上は1軍キャンプに参加していたが、下半身の張りを訴え、10日に帰京。精密検査を受け、15日に2軍キャンプに合流した。「自分としては悔しいキャンプだった。チームに早く合流して貢献できるように頑張りたい」。3月20日の開幕に向け、早期の実戦復帰を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月25日のニュース