西武・松坂 25日、195日ぶり対外試合登板へ軽めの調整

[ 2020年2月25日 05:30 ]

高知空港から宮崎へチャーター機で移動する松坂 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 西武・松坂が25日の韓国・斗山との練習試合(サンマリン宮崎)に先発する。予定は1イニング。対外試合は中日時代の昨年8月14日、ウエスタンリーグ・ソフトバンク戦以来195日ぶりとなる。

 この日は高知・春野から宮崎に移動し、同球場のサブ練習場でキャッチボール中心の軽めの調整。登板の前日のため報道陣への対応はなかったが、ブルペンで65球を投じた前日23日には「ゲームの入り方の確認ができれば」と話していた。登板後は2軍キャンプ地の高知・春野に戻って調整を行う予定だ。

 開幕ローテーション入りを目指す39歳について辻監督は「だんだんと状態を上げていくだろう。開幕に向けて取り組んでいるんだろうし、これからステップアップしてくれればいい」と期待を寄せた。(大木 穂高)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月25日のニュース