DeNA・山崎、19日に左腕負傷も1回0封「無事に投げられて良かった」

[ 2020年2月25日 05:30 ]

オープン戦   DeNA5―2日本ハム ( 2020年2月24日    タピックスタジアム名護 )

5回に登板し無失点に抑える山崎康(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 DeNA守護神の山崎が2番手で登板し、1回を1安打無失点に抑えた。19日のロッテとの練習試合で左前腕に打球を受け、わずか4球で負傷降板。影響が懸念されたが「力みっ放しの投球だったけど無事に投げられて良かった」と笑った。

 登板後は左腕をアイシング。「まだ腫れが引かない。内出血もある」と話したが「次回も楽しみ。もっともっと出力を上げられるように」と力強かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月25日のニュース