ヤクルト・青木主将 試合後のミーティングで喝「流れをもう少し考えて」

[ 2020年2月25日 05:30 ]

オープン戦   ヤクルト2―2阪神 ( 2020年2月24日    ANA BALLPARK浦添 )

<ヤ・神>初回、青柳に遊ゴロに抑えられた青木(撮影・山口 和洋)
Photo By スポニチ

 今季からヤクルトの主将を務める青木がナインを引き締めた。恒例の試合後のミーティングで首脳陣の後に発言。

 1点リードの9回に失策も絡み、2死から追いつかれる展開だったため「流れをもう少し考えて。アンテナを張った方がいいと。こういう試合は一昨年も昨年もあったから」と語気を強めた。ベテランを中心に、開幕へと準備を進めていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月25日のニュース