巨人マルオカ「3」締め 丸「悔いなく」3安打 岡本「充実」の3打点

[ 2020年2月25日 05:30 ]

オープン戦   巨人8―9広島 ( 2020年2月24日    沖縄セルラースタジアム那覇 )

オープン戦<巨・広①>初回2死 九里から左前安打を放つ丸(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 巨人の「マルオカ」が「3」で締めた。キャンプ最後の実戦となる広島とのオープン戦に「3番・中堅」で出場した丸は3安打。「当たり自体はいい当たりじゃなかったけれど、詰まったなかで外野の間に落ちるのはいいこと」と振り返った。

 初回は内角カットボールに詰まりながら左前打。5回は右前打を放ち、7回も左前打を放った。キャンプの実戦7試合で18打数10安打の打率・556。「今のところ悔いなくできている」と順調な調整に手応えを語った。

 「4番・三塁」で出場した岡本は3打点。3回に右犠飛、5回は強烈なライナーの左中間2点二塁打を放った。こちらも実戦10試合で22打数10安打の打率・455、4打点と順調。「ここ最近で一番充実したキャンプ。(本塁打0も)気にしてない。出るときは出る」と自信を見せた。

 年始のトークショーでは丸が「岡本さんが130打点に届くように頑張ります」と言えば、岡本も「スタートから頑張っていきます」と宣言した。きょう25日でキャンプは終了。主力2人は開幕に向けギアを上げていく。 (青森 正宣)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月25日のニュース