中日・根尾、立浪塾成果!OP戦初ヒットだ2安打だ「少し楽になった」

[ 2020年2月25日 05:30 ]

オープン戦    中日5―3楽天 ( 2020年2月24日    北谷 )

<中・楽①>3回裏1死一、三塁、福田の中犠飛で、三塁走者・根尾は本塁に滑り込み生還する(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 打ちたい執念が「H」ランプを灯した。中日・根尾が24日、楽天とのオープン戦で初先発。3回先頭で則本の内角カットボールにバットを折られながらも右前へしぶとく運んだ。

 「少し(気持ちが)楽になった。打ち取られている打球だけど、落ち着いたのは落ち着きました」

 オープン戦4打席目での自身初安打。球界を代表する投手から打ったことで勢いもついた。1死後、二盗にも成功。3球続けてけん制球をもらい警戒される中で好機拡大。三進し福田の中犠飛で先制のホームを踏んだ。

 3―3の7回1死では津留崎から一塁手・銀次のグラブを強襲する右前打。1死満塁となりシエラの右前適時打で決勝の生還も果たした。複数安打でチームのオープン戦初勝利にも貢献し「内容的にいい打席があった。増やしていきたい」とうなずいた。

 23日の試合後、球団OBの立浪和義氏から指導を受けた。即座に効果が出た形だが、実は23日が初めてではなくキャンプ2日目の今月2日にも助言を受けていた。コーチ陣などへの配慮から三塁側ベンチの裏でひっそり、近くにあったホウキをバット代わりに「トップに入るのが遅い。始動を早く」と特別授業を受けていたのだ。

 大先輩の教えに「自分のものにできるかどうかは僕次第」と根尾。25日はDeNA2軍との練習試合に出場予定。開幕1軍には結果を残し続けるしかない。(徳原 麗奈)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月25日のニュース