巨人新助っ人・サンチェス、炎上1回5失点…最速152キロも「土のマウンドに対応できなかった」

[ 2020年2月25日 05:30 ]

オープン戦   巨人8―9広島 ( 2020年2月24日    沖縄セルラースタジアム那覇 )

初回2死一、二塁 安部(手前)に3ランを打たれるサンチェス(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 巨人新加入のサンチェスが初実戦に臨み、1回5失点。1イニング限定で先発し、先頭の田中広に右前打されると安部に3ランを被弾するなど5安打を集中された。

 昨季は韓国SKで17勝をマークし菅野との2本柱が期待される右腕は最速152キロを記録したが「失投が多かった。土のマウンドになかなか対応できなかった。アジャストしていかないといけない」と反省した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月25日のニュース