阪神 西純がランチ特打に登板 井上、小幡相手に安打性2本

[ 2020年2月25日 12:36 ]

阪神2軍・安芸キャンプ最終クール4日目

阪神・及川(左)と西純(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 ドラフト1位・西純矢投手(18=創志学園)が25日、ランチ特打の打撃投手を務めた。プロ入り後初めて屋外マウンドでの投球。ドラフト2位・井上と小幡に対して全41球。安打性は井上の2本のみ(そのうちボールは18球)に抑えた。力強い直球を中心にスライダーやフォークも投じた。

 以下は投球内容。

 ・井上 投ゴロ、ボール、見逃し、右飛、二飛、ファウル、三ゴロ

 ・小幡 ボール、ボール、見逃し、ボール、ボール、見逃し、ボール

 ・井上(2回り目) ボール、ボール、左越え二塁打、見逃し、ファウル、ボール、空振り

 ・小幡(2回り目) ボール、ボール、ファウル、ファウル、ボール、ボール、ファウル

 ・井上(3回り目) ボール、見逃し、ファウル、ボール、右飛、中前打、ボール

 ・小幡(3回り目) ボール、中飛、ファウル、二直、ボール、ファウル

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月25日のニュース