楽天・則本昂 ニュースタイルへ変身 配球チェンジで「投球の幅が広がった」

[ 2020年2月25日 05:30 ]

オープン戦   楽天3―5中日 ( 2020年2月24日    北谷 )

<中・楽>力投する楽天・則本昂(撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

前日に2年ぶり6度目の開幕投手を通達された楽天の則本昂がニュースタイルへの変身に挑んだ。

 「今までにない配球」をテーマとして中日戦とのオープン戦に先発し3回2安打1失点(自責0)。追い込んでから習得中の新球・ナックルカーブで打ち取る場面もあり「ここ数年、配球の偏りを感じていた。相手もデータを見ている。モデルチェンジというか駆け引きです」と説明した。直球とフォーク、スライダーを軸に組み立てる印象が強い右腕は「投球の幅が広がって新たな発見もあると思う」と手応えを感じていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月25日のニュース