日本ハム 1軍キャンプ打ち上げ 西川「大事なのはこれから」

[ 2020年2月25日 13:44 ]

<日本ハムキャンプ打ち上げ>西川の手締めでキャンプを打ち上げた栗山監督(左端)、吉田輝(右から3人目)ら日本ハムナイン(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日本ハムは25日、沖縄県名護市で行っていた1軍キャンプを打ち上げた。練習終了後には今季から主将に就任した西川遥輝外野手(27)が円陣の中央で手締めを行った。

 大規模改修されたタピックスタジアム名護で5年ぶりに1軍キャンプの全日程を行ったが、同球場で行われたオープン戦は3戦全敗。「素晴らしいスタジアムをつくっていただいたにも関わらず、オープン戦3連敗という結果に終わってしまいました」とキャンプに携わってくれた名護市の関係者に謝罪。それでも「大事なのはこれからだと思います。皆でよりよい未来を作るために、今を大事にしていきたい」とあいさつした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月25日のニュース