中日・石橋、二塁阻止&1打点でアピール 根尾と共闘誓う「2人で1軍で活躍することがベスト」

[ 2020年2月25日 05:30 ]

オープン戦    中日5―3楽天 ( 2020年2月24日 )

7回裏1死満塁、石橋は左犠飛を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・根尾に負けじと、石橋もアピールした。この日から1軍に昇格し、7回の守備から出場。1死一塁で島内の二盗を阻止し、その裏の攻撃では1死満塁から左犠飛で打点を挙げた。

 関東第一出身で、昨季は新人ながら12試合に出場。根尾とは昨冬の台湾ウインターリーグで約1カ月、同部屋だった。「切磋琢磨(せっさたくま)して頑張ってきた。2人で1軍で活躍することがベスト」と共闘を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月25日のニュース