オリックス・田嶋 今春対外試合初登板で3回1失点で6K「開幕に向けて合わせていきたい」

[ 2020年2月25日 05:30 ]

練習試合   オリックス7―1韓国・斗山 ( 2020年2月24日    SOKKEN )

<オリックス・斗山>オリックス先発・田嶋大樹は力投を見せる(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 24日の韓国・斗山との練習試合で今春対外試合初登板したオリックスの田嶋は3回1失点で6三振を奪った。

 「相手は初対戦というのもありましたけどね。打者が差されている反応も見られたので(よかった)」

 最速149キロの直球にスライダー、カットボールを織り交ぜて相手打者を翻弄(ほんろう)。2回までアウト6つは全て三振だった。3回の先頭打者に初球141キロを左中間にソロを被弾したが、西村監督は「あの1球だけでしたね」と評価。開幕ローテーション入りを確実にしており「開幕に向けて合わせていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月25日のニュース