阪神・陽川 存在感見せた反撃弾!「少ないチャンス 頑張りたい」

[ 2020年2月25日 05:30 ]

オープン戦   阪神2―2ヤクルト ( 2020年2月24日    ANA BALLPARK浦添 )

7回1死、陽川は右中間に本塁打を放つ(撮影・山口 和洋)
Photo By スポニチ

 阪神は24日のヤクルトとのオープン戦(浦添)で打線が6回まで1安打と沈黙する中、途中出場した陽川が持ち前の長打力を発揮した。7回1死からの自身初打席で近藤の外角低め135キロを捉えると、右方向に高く上がった打球は風にも乗り、右中間席に着弾した。

 「結果が出てよかった。いまやっていることが、あの打席ではできたし感触は良かったです。自分のスイングをして、少ないチャンスで結果を出せるように頑張りたい」

 実績豊富な右腕からの一発でアピールに成功。23日の広島戦でも右中間フェンス手前まで運ぶ二塁打を放っており2日続けて存在感を見せつけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月25日のニュース